2010年07月08日

ヘアリキッドからミストやヘアオイルへ

ヘアミスト 噴霧器のボトルに入ったことや、ガスと一緒に整髪成分を注入すること。ヘアスプレーが仕上げに使用される一方、前髪の立ち上げやサイドのボリュームダウンなどの整髪の目的で使用することをミストという。 ヘアオイル(髪油) 油を主成分としたもの。ポマード、チックともいう。ヘアオイルは、頭に油を補充し、光沢、柔らかな柔軟性を提供することを目的として使用される。国内では古くから植物油を使用して、ツバキ油やモクロウは"鬢付け油"を使用している。構成要素は相対的に粘性が低いきちんとした植物油(ツバキ油、オリーブ油など)、鉱物油(鉱油)を主成分として、エステル油、スクワランなどが適切に配合されている。最近では、仕上がり感や手触りが良いのシリコーンを主成分とする製品が増加している。このヘアオイルは、高分子シリコンを揮発性溶剤(イソパラフィン、低分子シリコン)に溶解し、溶剤が蒸発すると、高分子シリコンが均一な皮膜を形成し、植物油から得ることができない滑らかと風合いを付与する効果があるとから"洗い流さないトリートメント"としての使用が増加している。 ヘアリキッドという言葉は資生堂が作った和製英語。 水性・液状の。アルコール、ポリマー剤、界面活性剤などの原料として、主に男性。さらっとした使用感と滑らかな仕上がりが特徴。ポマード・髪油などの不快な油性の整髪料が主流だった1960年代に米国ではすでに浸透したヘアリキッドを、ライオン歯磨(当時)が導入したのは日本に広がった。 ヘアリキッドと混同しやすいようにヘアトニックがあり、ここでは主に、頭皮のコンディションを整えることを目的として使用される。しかし、ヘアトニックも整髪作用を持っているものであり、リキッドにトニックと同じような効能を持つものもある。
posted by wakana88886 at 16:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。