2010年07月02日

リンスとコンディショナーの違い

リンスインシャンプー(英語:two - in - one shampoo)は、シャンプーの1つであり、頭髪用の浴用化粧品の1点でもある。 特徴リンス成分が配合されており、シャンプーの後、別途リンスを使用しなければならない。 1本のシャンプーリンスをすることができるので、コストを削減も安く終わった。 頭の汚れを落とす成分と髪を保護するために付着している要素のバランスを考えて配合しているものなので、髪と頭皮をよく洗って、髪をしっとりと整理することを目的には適していない。 その他様々な種類のリンスインシャンプーが販売されている。 リンス(rinse)は、頭髪の浴用化粧品の一種である。洗髪後、リンス剤を使用して、頭に慣れさせた後、洗い流すとリンスの中の有効成分(ジメチコン等の油分や陽イオン系界面活性剤)が髪の表面に付着、コーティングされている。 そう、静電気が発生したり、ごわつきを軽減することが、たとえとしてをスムーズにし、潤いをもたらす効果がある。 "リンス"は英語で"すすぐ"(rinse)の意味から来ている。製造技術が発達していない時代、シャンプーは石鹸に近いアルカリ性の成分だったので、洗髪後、キューティクルが開いてしまい、これを中和するために最終的に酸溶液(食酢を溶かした水など)で髪をすすぐ必要があった。その習慣から派生した日本独特の意味である。 前述のように、現在の一般的なシャンプーの使用リンスはそれとは意味が違う。英語では"ヘアコンディショナー(hair conditioner)"が一般的な呼称。 コンディショナー 今日はリンスをコンディショナーと呼ぶ者も多く、厳密な区別はない。しかし、石鹼シャンプー用のリンス(コンディショナー)がアルカリ性に傾いた髪を中和するために使用されますが、一般的なシャンプー用のリンス(コンディショナー)は髪に残留コーティングの役割を果たす。 リンスインシャンプー最近ではリンスとシャンプーが一緒にするリンスインシャンプーも登場している。
posted by wakana88886 at 17:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。