2010年06月30日

"セブンヘアー"の"冷やし頭"は登録商標

日本に洋髪が入ってきた時代、日本人の硬く太い髪を洋髪することは困難であり、また、頭に適度な油分を与えるシャンプーが好まれることの普及を開始した。今は知っている人は少ない"七夕に髪を洗って頭が美しくなる"という言葉は洗髪が日課で行われていない時代を反映していると言うことができます。 そんな中、江戸時代に"洗い髪"は、町屋、ことに花柳界の女性の伊達の自慢で流行した。 も、女性は髪を洗うときに絞り染めの浴衣を着て、前垂を背にかけて髪垢で着物が汚染されないようにした。洗った後、毛が乾くまでの散らし髪の状態近所の出歩き、乾燥油をつけないで仮結し、それが素晴らしいのは極端にした。この洗い髪素敵な艶姿で有名になったのは明治時代の東京名妓"洗い髪のお妻"である。 しかし、江戸で御前女中などが髪を洗うことはまだ激しくまれていた。頭を洗っていない女性は、唐櫛でよく梳いて垢を除去後の匂油をつけて臭いを妨げた。 京阪でも髪を洗うことは非常にまれだったが、娼妓は、多くの場合、髪を洗っていた。天保時代からでも、女性の物まね多くの場合、髪を洗う女性が表示されるようになった。しかし、京阪なのは、往来で散らし髪の女性は見られなかった。 くしけずることさえ"三箇月一度可梳之、日日不梳"(九条殿遺戒)などの程度だった。洗うよりも油をさすことが多かった。最初の時期は、粘土やヒルガオのような野生の蔓草の葉を搗いを砕いて水に溶かした液体を採用し、また、灰汁などで洗った。関東では、午の日に髪を洗って発狂するといい、九州では夜に髪を洗うの根元から切れるにする。民俗学者は前者は丙午迷信との連携、後者は『本朝医談』と『後見草』のかまいたちと妖狐同じようなことを考える髪切の怪連想させる。頭の洗いの吉日も『権記』寛弘6年5月1日の条には暦林を受け取り、"五月一日沐髪良、此日沐令人明目長命富貴"と話した。阿波は、以前は10月戌日に施行さ御亥の子祭の晩に髪を洗って赤毛が黒くなり年老いても、白髪がされていない場合、福島市付近では七夕の夜、女が流に出て洗髪にする。 1988年の朝早く起きてシャンプーをして通勤、通学する"朝シャン"が若い女性の流行した。そのため、シャンプーを簡単に短時間でできる商品が開発された。シャンプーとリンスを一度に終わるリンスであることのほか、裸になり、風呂場まで行かなくても、洗面台で頭を吸うのシャンプードレッサーが登場した。雑誌の広告欄には"服を着たままシャンプーができる"というキャッチフレーズを掲げたハンディシャワーにセーラー服姿の女子高生がシャワーが笑っている写真が掲載されていた。 また、近年、クールビズの浸透に乗って、理髪店では、夏に冷やしシャンプーを導入している。全国理容生活衛生同業組合連合会のキャンペーンによるものだ。主にトニック系、メントール系の強いシャンプーを冷凍庫に入れて冷やしたり、氷を混ぜて冷やしたりする方法を撮影している。山形県で最初に提案したとテレビで紹介があった。特に、東京の神田神保町にある理髪店"セブンヘアー"の"冷やし頭"は登録商標です。
posted by wakana88886 at 12:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。